小川直哉


-名前

小川直哉


-プロフィール

1988.01.06 / AB 


-自己紹介

地元の高校を卒業後、東京大学進学。

農学部でランドスケープ を学ぶ。

その後、機械系の会社に勤務。

入社1年後、デンマークに2年間出向。

帰国して東京社に勤務。

2016年、地元の豊橋にUターン。

故郷を味わい尽くすべく様々な活動に首をつっこむ。

高校時代に始めたランニングに徐々にのめり込み、

長距離マラソンが趣味となる。

2010年さくら道国際ネイチャーラン、

2012年神宮外苑 、

2014年Spartathlon 全体17位, 日本人2位 、

5km ~ 250kmまで幅広く走る。

楽しく健康的なランニングをモットーに今日もまちなかを疾走中。

長年、市民ランナーを続けて超長距離に負けない楽な走りを追求。


-保有資格

JRTAランニングインストラクター、ランナーズマイスター初級


-活動実績等

故障予防と記録向上セミナー企画運営(外部講師)、ウルトラマラソンセミナー企画運営(外部講師)、5,000mタイムトライアルとトレーニング計画及びフォーム分析企画運営、裸足ランワラーチラン体験会企画運営(外部講師)、ランナーのためのヨガ(企画中)、ワラーチ・足半サンダルを作ろう(企画中)


-出張・活動地域

愛知県豊橋〜三河


-web

http://meatsan.com/home/


-メッセージ

楽しく運動習慣をつけたい、ちょっと身体を引き締めたい、田原、新城まで走ってみたい、

豊橋ハーフに出てみたい、ちょっと石巻山を走ってみたい、、、ぜひその一歩を踏み出しましょう。

僕は”高校生から1o年間、生粋の市民ランナー”です。

中学の卒業間際にした些細な経験によって僕のなかで”走ること”は、

速く走る苦しいものという固定観念から、身体を動かす気持ちのいいものへと変化しました。

気持ち良く走るなかで自然に体力は向上し、10年続けるなかでウルトラマラソン(フルマラソン以上の距離)が走れるようになり、

友達の輪も広がりました。また海外の大会にも出るようになり、英語も話せるようになりました。

経験上、日々気持ちよく身体を動かすことは、幸せな生活をおくるために非常に重要なことです。

しかし、あれやこれやで忙しい毎日、1人だけで生活を変化させていくのは至難の業でしょう。

僕自身、要所要所できっかけをくれる人がいなかったら、

新しい楽しさを知るところまでたどり着けず、日常的に走る習慣もなかったと思います。

少なくとも最初の数か月~1年程度、気持ちよく走る感覚を覚えれば、

楽しいランニングを生涯継続してできる可能性は各段に広がります。

そのきっかけ作りができたらと思っています。

Key words: ケガをしない、楽に走る、練習計画、楽しいコース、海外マラソン、e.t.c.


-ランニング以外で指導できる分野



-依頼連絡先

uturn.runner.thc@gmail.com

ランニングトレーナーの出張・派遣 Matching Media by JRTA

日本ランニングトレーナー協会 認定講師による、ランニングパーソナルトレーニング・ランニング教室講師・ランニングイベントスタッフ etc の出張派遣スタッフのマッチングMEDIAです。